ログブックとは何か?


logbook

ログは「航海日誌」 (logbook) を語源とする用語であり、動詞として使う場合は「航海日誌に記録する(航海記録を取る)」という意味であり、1820年代ごろに生まれたとされている。
航海日誌を logbook と呼ぶようになったのは、船の速度を測るのに丸太 (log) に一定間隔に結び目のある縄を括り付けて浮かべたことに由来する(ノット参照)。
電子用語でログという言葉が使われるようになったのは1963年ごろで、データ処理におけるイベントを体系的に記録することを指した。(ウィキペディアより)

なるほど、航海日誌とは乙なものですね。今ではログという言葉は「記録」という意味でよく使いますし、そもそもブログだって「Web Log」の略なわけですが、こんな語源だったとは。

ということで、このブログは、独立&起業についてインプットしたことを、自分なりに咀嚼してアウトプット&行動するというわたくしの航海日誌(ただの備忘録になるかもしれませんが)です。つまり、ノマドライフに向けてのログブック、よろしければご覧ください。